Abbott Diabetes Care Virtual Symposium 2021-Advancing DM Treatment with Digital Health Tools-

3月になりました。少しずつ日差しも暖かく感じるようになってきました。

先月2月28日にAbbott Diabetes Care Virtual Symposium 2021-Advancing DM Treatment with Digital Health Tools-というシンポジウムで発表する機会を頂きました。

<オンデマンド視聴可能期間> 2021年3月31日(水)18時まで

ライブ配信は終了しました。現在オンデマンド視聴のお申込みを受付中です。
オンデマンド配信期間中はいつでも登録・視聴が可能です。

 

題名の通りDigital Health Tools(DHT)を使って糖尿病の診療を行っていくための講演会でした。

2021年3月7日現在、糖尿病ネットワークという情報サイトでも本シンポジウムの情報が公開されております。

今回はアボット社のFreeStyleリブレLink/リブレViewというDHTについてお話することになり、

当方も最後の

5. Lecture3:DHT活用の実際(FreeStyleリブレLink/リブレViewの活用提案)
-病院/クリニックそれぞれの立場から-
座長:中村 二郎 先生(愛知医科大学 糖尿病内科 教授)
演者:廣田 勇士 先生(神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌内科学部門 准教授)
渡部 ちづる 先生(中野島糖尿病クリニック/株式会社ODL 代表取締役)

のセッションでクリニックの立場からお話をさせていただきました。

今後はこのFreeStyleリブレLinkが多くの患者さん方に活用されていくと思いますが、医療従事者側もこのDHTを診療に役立てていくために、日々精進していかねばですね。

当社のメイン事業の オンラインを用いた健康医療相談(遠隔健康医療相談)でも活用できればと思っております。

今回のシンポジウムは3月末までオンデマンドで視聴可能ですので、医療関係者の方々でご興味がございましたら、是非ご覧いただければと思います。

ただし、医療関係者以外の一般の方はご視聴いただけないため、大変申し訳ありません。

その代わりこのFreeStyleリブレLink/リブレViewについて、このホームページやnoteで後日ご説明させていただこうと思います。

このようなDHTを活用した診療がさらに拡大していくことを期待しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です